カテゴリー「活動報告」の記事

第5回目一ノ宮用水 水生生物調査 活動報告

2015年5月7日 / 活動報告

placard-report

2015年4月29日 多摩市一ノ宮用水の水生生き物調査の活動報告

 

 

多摩市内の農業用水路である一ノ宮用水は2008年から2014年にかけて生き物への配慮を取り入れた護岸工事を行いました。

私たちは、改修後の魚や水生生物が、改修前の生息状況と比較して自然が、どのような生態系を再構築しているのかを定期的、そして継続して調査しています。

今回の調査は、護岸工事後の2014年6月の第2回目から約1年を経過し、今回で5回目の調査となりました。(2013年11月に1回目の調査を実施)

活動日時: 平成27年4月29日 午後1時から4時  天気 晴れ 気温 23度

参加: 一ノ宮用水調査チーム 16名

場所: 一ノ宮用水 定期 調査地点 4箇所 

調査方法: 区間、採集人数、時間を限定しガサガサによる採集後、生物種/固体数/体長等を計測。

これまでに行われた水路改修が生き物と水路環境に与える影響を調べ生息する水生生物相の把握を目的に、調査を行いました。

調査方法は東京農工大学非常勤講師 西田一也先生の指導で過去の調査と同一条件となる手順で行いました。

結果は後日、作成される論文に反映されますが、西田先生より仮の速報版が寄稿されましたので当ホームページ『多摩市水辺の生き物調査の記録(西田レポート 2015年5月現在)』に掲載しでおります。リンクを参照、又はメニュー『多摩市の生物調査』ー>『多水辺の生き物調査記録』でごらんください。

よみがえれ・大栗川を楽しむ会
多摩市水辺の楽校
多摩市民環境会議
多摩市環境政策課

タグ:

省エネナビモニター座談会を開催しました

2015年4月28日 / 活動報告

 placard-report多摩市省エネ推進協議会は省エネナビモニター座談会を開催しました。




多市民環境会資源化部会が参加する多摩市省エネ推進協議会は公募に応募いただいた一般のご家庭7名を対象に消費電力分析装置を設置し、省エネのコンサルティングを行いました。
昨年、夏季に実施しました夏バージョンの省エネナビモニターに引き続き今回は冬季バージョンの測定で、電力消費の違いを実感できる内容となりました。
消費電力の測定は本年2015年1月から2月に実施しました。計測は7日間の測定を2回行いました。
一回目の分析結果をもとに、それぞれのご家庭が不要な電気利用を控えるなどの省エネを実践し、2回目の測定でその成果を評価していただく方法で省エネナビモニターを実施しました。 



showenenabi_20150327-2 showenenabi_20150327-1

 

今回開催した座談会はモニターを引き受けていただいた皆様に応募の動機や通常の電化製品の利用状況、省エネ実地のご苦労話などを披露いただき、実際の測定データとの比較をコンサルティング担当が解説。

 

省エネナビ実施期間 27年1月5日~2月13日
    Before/After 任意の1週間      

 

座談会日時:3月27日(金)会場:東庁舎会議室
出席者:モニタ‐7軒(11軒中)市役所環境政策課:2名
      建設協同組合 3名 市民環境会議 2名
      クールネット東京 1名


 建物形態  集合住宅 4軒  テラス 2軒  戸建て 5軒
Before/After  9/11軒 が節電成果あり  うち最大39.64%の成果
 

冬バージョンのモニターに挑戦のご家庭では 暖房機器(エアコン・セラミックヒーター・ホットカーペット。こたつ・足温器・電気毛布等)の使用が当然目立ちました。また、食洗器など固定設置の機器ではワットチェッカーでのデーター収集できず、隠れた電気使用量があることも分かりました。モニターとしてご協力いただいたご家庭はいずれも積極的に対応いただきました。
 
 

多摩市役所環境政策課
多摩市建設協同組合
クールネット東京
多摩市民環境会議

多摩エコ・フェスタ2015を開催しました

2015年3月11日 / 活動報告

多摩エコ・フェスタ2015実施のご報告

 

ecofesta_orei
多摩市内のボランティア団体、市民団体、事業者や学校など31団体の参加を頂き、環境保全やエコの活動を発表/展示する環境フェア『多摩エコ・フェスタ2015』 を2月21~22日の日程でパルテノン多摩・市民ギャラリーで開催いたしました。 2日間の来場者は855名でした。 入場者の皆様ならびにご協力をいただきました出展団体の皆様に、厚くお礼申し上げます。
DSCF1559 DSCF1570

DSCF1629 DSCF1562DSC04894 DSC04943

写真は会場風景のスナップです。

出展者の展示ブースの展示内容、 エコ広場の講座やプレゼンテーション詳細については メニューから、または 『多摩エコ・フェスタ2015』のページをご覧ください。

 

多摩市役所
多摩市民環境会議

第6回目環境学習セミナーの実施のご報告

2015年2月12日 / 活動報告

placard-report平成26年度の最後の講座となる第6回目の環境学習セミナーを2015年2月1日に実施し、阿部市長による修了式を行いました。

 

 

環境学習セミナーは多摩市民環境会議と多摩市環境部が共同で主催する講習会です。 例年9月から翌年の2月までの期間に、概ね月一回のペースで約6回の講座、フィールドワーク、観察会、見学会等を聴講していただき、私たちを取り巻く自然や環境について学んでいただくとともに、持続可能な生活環境について考えていただけるセミナーです。

平成26年度第6回目最終回となる環境学習セミナーは多忙なスケジュールの中、出席いただいた阿部市長(多摩市民環境会議 名誉会長)のあいさつと、3回以上の受講者に修了証の授与を行いました。

skannkyou-emina-62  skannkyou-emina-63

続いて、「環境に配慮したマンションへの建て替えと持続可能なまちづくり」と題してBrillia多摩ニュータウン団地管理組合理事長の加藤輝雄氏による講義。建て替えを成功させた団地のコミニュニティ形成と環境に配慮したまちづくり構想をどのように実現させたのか、をお話しいただきました。また現在進行中の『環境先進コミュニティ街区』への取り組みを紹介いただきました。

skannkyou-emina-66  skannkyou-emina-610

多摩市環境部の浦野部長には多摩市の基本的な環境政策についてお話しいただきました。

多摩市環境政策課の磯貝課長から市民との協働による環境活動の取り組みを説明いただきました。

skannkyou-emina-68

講師陣の講義後、受講者のグループディスカッション「持続可能なまちにするために自分たちに何ができるか」をテーマとして行い、それそれ発表いただきました。

多摩市民環境会議
多摩市環境部環境政策課

第10回地域ふれあいフォーラムに出展

2015年2月6日 / 活動報告

placard-report

『多摩市まち美化推進協議会』と『多摩市省エネ推進協議会』が2015年1月25日地域ふれあいフォーラムTAMAのに出展しました

 

 

 

第10回地域ふれあいフォーラムTAMA・ふれあい広場のギャラリーに多摩市民環境会議・資源化部会が参加する多摩市まち美化推進協議会と多摩市省エネ推進協議会が展示出展しました。

20150125fureai-1

まち美化推進協議会は市内の清掃活動のようすや、まち美化条例の啓蒙活動を、わかりやすい説明パネルで紹介しました。

20150125fureai-2  20150125fureai-3

省エネ推進協議会は市民のエコライフの取り組みを応援する省エネサポートデスクと電気の消費量を低減させる方法などのパンフレットを配布しました。

20150125fureai-4  20150125fureai-5

多摩市民環境会議
多摩市まち美化推進協議会
多摩市省エネ推進協議会

多摩川 冬鳥の観察会を実施しました

2015年1月31日 / 活動報告

placard-report

多摩川冬鳥の観察会を1月17日(土曜日)に実施しました

 

 

 

多摩市民環境会議がシリーズで実施しています環境学習セミナーと多摩市水辺の楽校が例年行っている冬鳥の観察会を今年は合同で平成27年1月17日に実施しました。厳しい寒波の中、参加いただいた21人の市民と任意参加のセミナー受講者とともに、多摩川一ノ宮公園から大栗川合流地点の交通公園まで野鳥観察を行いました。

2時間ほどの観察で見ることができた野鳥は32種類でした。 観察結果は過去の集計とともに比較していただけるよう、表記したページ『多摩川の野鳥たち』で参照ください。

 

20150117-1  20150117-3

20150117-2  20150117-4


主催:多摩市民環境会議

共済:多摩市愛鳥会
共済:多摩市水辺の楽校
共済:多摩市環境部環境政策課

 

 

2014年度環境学習セミナー第5回目を実施

2014年12月20日 / 活動報告

2014年度 環境学習セミナー 第5回目を12月7日(日)に開催しました

 

 多摩市環境部環境政策課と多摩市民環境会議がシリーズで実施している環境学習セミナーの第5回目は多摩市グリーンライブセンターで12月7日(日)に実施しました。

今回は、「市のごみ減量政策についてと、リサイクル事業者等の取り組みについて」多摩市の環境部資源循環推進担当課長の富澤浩講師が、また市民による「資源リサイクルの意義と循環型社会づくりのために」をテーマに多摩市民環境会議資源化部会長の浅井民雄講師が、最後に「多摩市のリサイクル事業者の現状と将来」について、多摩市リサイクル協同組合理事長佐々木義春講師が、それぞれの立場で講義を頂きました。

会場風景

今回の会場は緑が豊かな多摩市グリーンライブセンター

017 019 024

左から 富澤浩講師、浅井民雄講師、佐々木義春講師によるプレゼンテーション

多摩市環境部環境政策課
多摩市民環境会議

一ノ宮用水路 第4回目の生き物調査

2014年11月27日 / 活動報告

placard-report一ノ宮用水路 第4回目の生き物調査を実施

 

 

一ノ宮用水の真明寺北付近は平成26年1月~3月の期間に護岸工事を行いました。工事は水生生物が生息しやすい環境に配慮した工夫が盛り込まれました。今回で4回目となる工事後の生き物調査は、工事前の調査から、ちょうど一年を経過した同時期であり改修工事によって、生息状況がどのように変わったのか、あるいは以前の状態に回復できているかを調べる重要なタイミングとなりました。

過去2回の調査で、すでに多くの種類と固体数が確認されており、生息状況は順調に戻りつつあると報告されていますが、今回は生息する魚類などが、橋下に造成した深みを良好な生息場所としつつあるかどうかの観察を主眼としました。

指導いただいている東京農工大学非常勤講師・ 農学博士 西田先生から『晩秋から初冬のこの時期では周りの区間で生き物が減少しているのに対して,橋の下では特にギンブナが増加しており,また大型の個体が採れている点から橋下の深みの効果を窺うことができました。』とコメントをいただきました。

また、先生の報告は『多摩市水辺の生き物調査の記録(西田レポート 2014年11月現在)』ページで、ご覧頂けます。

 

3rd_itinomiya_2 3rd_itinomiya_5

橋の下に造成した深みがあります。小学生で参加してくれたたくま君、背景はすっかり刈り取られた田。9月27日の調査では、刈り取り前の稲穂が残っていた。

3rd_itinomiya_4 3rd_itinomiya_6

3rd_itinomiya

調査終了で記念撮影、晩秋の夕暮れ時。

 

多摩市農業応援団AGRIAGRI
多摩市児童館
パルテノン多摩学芸員
よみがえれ・大栗川を楽しむ会
多摩市水辺の楽校
多摩市民環境会議
多摩市環境部

2014年度第4回多摩市環境学習セミナー実施

2014年11月25日 / 活動報告

placard-report2014年度多摩市環境学習セミナー第4回目を11月9日(日)に開催しました

 

 

シリーズで開催しています、多摩市環境学習セミナー。第4回目は市内で自然エネルギーを照明などに使っている事業所、及び民間と行政が協働して取り組んでいる再生可能エネルギー事業の現状を紹介していただきました。

プログラムの前半は 市内、自然エネルギー対応の事業所の取り組みと題して、多摩市民環境会議副会長の井上氏が多摩市のコンビニ店舗の省エネルギーの取り組みを紹介しました。店舗の屋根に太陽発電パネルを設置するだけでなく省エネルギー型の照明設備や断熱/遮熱なその配慮の実際を紹介しました。

20141109kannkyousemina_1

井上講師

20141109kannkyousemina_2

林講師

講座の後半は、一般社団法人多摩循環型エネルギー協会(多摩エネ協)理事の林氏が多摩地域の団地/公共施設の屋根に太陽光発電の設置を目指す多摩電力合同会社と車の両輪としての多摩エネ協の活動と現状を紹介しました。

多摩市環境部環境政策課
多摩市民環境会議

平成26年度 日野市環境フェア

2014年11月3日 / 活動報告

placard-report日野市環境フェアに多摩市省エネ推進協議会として出展

 

 

 

 

多摩市民環境会議/資源部会が参加する多摩市省エネ推進協議会は平成26年10月25日多摩動物公園で開催された日野市環境フェアに出展し、省エネルギー推進の普及活動を実施しました。

当日は日野市民だけでなく都民や近隣の県からの来場者も多く、幅広い層の人々にわれわれの取り組みをPRできました。

20140925kannkyoufair P1000408

ソーラーおもちゃ、多摩市民の省エネへの取り組み、活動を展示などで紹介しました。

多摩市省エネ推進協議会
多摩市環境政策課
多摩市住宅建設協同組合
多摩市民環境会議

カテゴリー

TOPへ戻る