「2014年03月」の記事

多摩エコ・フェスタ2014の報告

2014年3月24日 / 活動報告

多摩エコ・フェスタ

多摩エコ・フェスタ2014は2月22日~23日にパルテノン多摩の市民ギャラリーで開催された。各種の催しがつぎつぎと展開されるなか、すべての予定行事をこなし、約470人の来場者を記録して盛況裏に幕を閉じた。

なお、22日に隣の小ホールで開かれた<EARTH VISION多摩>も3作品の上映と市民トークなどに人気が集まり、累計582人の観客動員を記録した。 

今回のエコ・フェスタでは、出展者が昨年の22団体から24団体に増え、それも
多摩大学(梅澤ゼミ)、大妻女子大学(黒瀬ゼミ)などニューカマーが新規に出展してくれたのが特徴。女子大の参加で女子大生もアンケート収集などで多くが
会場内にとどまったため、全体の雰囲気も前回までと違い、若やいだものとなった。

エコひろばでの催事は、22日の11時から12時までが「第17回多摩市身のまわりの環境地図作品展」の入賞者らによる製作発表会。これには市内の小中学

生17人が参加。 それぞれ、作品をつくろうと思ったテーマの発想や製作時の苦労話などを語ってくれた。

intro_project_1  intro_project_2

 

23日のメインイベントは、「市内大学の環境及び地域関連の取り組み」がテーマ
で、多摩大学・経営情報学部(梅澤佳子准教授)、恵泉女学園大学・人間社会学部人間環境学科(篠田真理子准教授)、大妻女子大学・情報学部社会情報学科環
境情報学専攻(黒瀬奈緒子准教授)がそれぞれの取り組みの発表を行った。 

intro_project_3  intro_project_4

主催: 多摩市民環境会議 多摩市環境政策課

タグ:

カテゴリー

TOPへ戻る