「2015年04月」の記事

省エネナビモニター座談会を開催しました

2015年4月28日 / 活動報告

 placard-report多摩市省エネ推進協議会は省エネナビモニター座談会を開催しました。




多市民環境会資源化部会が参加する多摩市省エネ推進協議会は公募に応募いただいた一般のご家庭7名を対象に消費電力分析装置を設置し、省エネのコンサルティングを行いました。
昨年、夏季に実施しました夏バージョンの省エネナビモニターに引き続き今回は冬季バージョンの測定で、電力消費の違いを実感できる内容となりました。
消費電力の測定は本年2015年1月から2月に実施しました。計測は7日間の測定を2回行いました。
一回目の分析結果をもとに、それぞれのご家庭が不要な電気利用を控えるなどの省エネを実践し、2回目の測定でその成果を評価していただく方法で省エネナビモニターを実施しました。 



showenenabi_20150327-2 showenenabi_20150327-1

 

今回開催した座談会はモニターを引き受けていただいた皆様に応募の動機や通常の電化製品の利用状況、省エネ実地のご苦労話などを披露いただき、実際の測定データとの比較をコンサルティング担当が解説。

 

省エネナビ実施期間 27年1月5日~2月13日
    Before/After 任意の1週間      

 

座談会日時:3月27日(金)会場:東庁舎会議室
出席者:モニタ‐7軒(11軒中)市役所環境政策課:2名
      建設協同組合 3名 市民環境会議 2名
      クールネット東京 1名


 建物形態  集合住宅 4軒  テラス 2軒  戸建て 5軒
Before/After  9/11軒 が節電成果あり  うち最大39.64%の成果
 

冬バージョンのモニターに挑戦のご家庭では 暖房機器(エアコン・セラミックヒーター・ホットカーペット。こたつ・足温器・電気毛布等)の使用が当然目立ちました。また、食洗器など固定設置の機器ではワットチェッカーでのデーター収集できず、隠れた電気使用量があることも分かりました。モニターとしてご協力いただいたご家庭はいずれも積極的に対応いただきました。
 
 

多摩市役所環境政策課
多摩市建設協同組合
クールネット東京
多摩市民環境会議

カテゴリー

TOPへ戻る