多摩市一ノ宮用水 生き物調査

2014年5月9日 / 活動報告

placard-reportみがえれ、大栗川を楽しむ会 多摩市一ノ宮用水 生き物調査

市内の西北部地区を流れる一ノ宮用水では、護岸の改修前の昨年11月16日に生き物調査が行われ、今回4月26日に改修後の生き物の状況を東京農工大学非常勤講師の西田一也先生の指導で調査しました。

午前9時30分ごろより行われた調査では、最初の区間は2面張りの岸に沿って植物のショウブが植えられ、魚類の隠れやすい部分が多かったせいかドジョウやエビなどが多く採集された。  

 itinomiyayousui3  itinomiyayousui2_2

2番目の3月に改修が終わった部分では、田んぼ側の岸に沿って木杭が施されていたものの、川底には白い砕石がまかれて生き物のいにくそうな環境だったためか、それほど採集できなかったが、ちょうど用水と田んぼの水路が交わる地点で準絶滅危惧種のトウキョウダルマガエルが発見された。

採集された個体は、ドジョウ、シオカラトンボのヤゴ、トウキョウダルマガエル、カワニナ類、カワリヌマエビ属エビ類、アメリカザリガニ、シジミ類、ガムシ類など。量としてはエビ類やドジョウが多かった。

itinomiyayousui4_2  itinomiyayousui1

西田講師の談話。お陰さまで予定していた調査を行うことができました。魚類ではドジョウしかいませんでしたが、整備直後としてはとくに問題はないと思います。一方、準絶滅危惧種で低平地の水田に生息するトウキョウダルマガエルの幼体が見られるなど、水田地帯の生態系を感じることができました。
今日の結果は、今回の整備に対する感想とともにまとめさせていただきます。整備に関して少し述べさせていただきますと、やや全体的に直線的な印象はあるものの、田んぼ側護岸を木杭とし、橋の下を越冬場として深くしていただけるなど、生き物への配慮は最大限していただけたと思います。とくに越冬場造成は全国でもまだ例のない整備事例です。このような整備がよかったと評価できるよう今後もしっかりと調査を行っていきたいと思います。

改修工事では水路をコンクリートで頑丈にするという従来の視点だけでなく、生育時期によって田んぼの中と用水路を行ったり来たりできるよう配慮するなど、生き物にも配慮した設計を取り入れています。「大栗川を楽しむ会」と多摩市環境部環境政策課が調査を行い、(用水の管理を担当する)多摩市都市整備部下水道課に提案して実現した試みです。

よみがえれ、大栗川を楽しむ会
多摩市民環境会議
多摩市都市整備部下水道課
多摩市環境政策課

タグ:

コメントは停止中です。

カテゴリー

TOPへ戻る