多摩市水辺の生き物調査2014年8月現在の集計

2014年8月20日 / 活動報告

placard-report多摩市水辺の生き物調査ページを更新しました

多摩川、大栗川、乞田川、など多摩市の河川には、さまざまな水生生物がすんでいます。多摩市とボランティア団体が定期的に開催する水辺の観察会や水遊びを通して行った調査を東京農工大学非常勤講師の西田一也先生が詳しくまとめられています。 また、これまでの調査活動について西田先生の解説もいただきました。

2008年から2014年にかけて多摩市を流れる河川と用水で行われた調査の結果をスクロール・タイプの表で見ることが出来ます。また魚など、主な生き物の種類名にはイラストが埋め込まれています。マウスでポップアップしてご覧ください。 主な観察会は活動レポートがリンクされています。 今年の夏休み、最後の日曜日(8月31日)には 乞田川生きもの調査・観察会を開催予定です。

お父さん!ガサガサって、ずいぶん学術的なんですよ。コンクリート護岸でとても生き物なんて・・・ところがどっこい、いるんですよ!お子様とご一緒に参加してみませんか?

以下をクリックしてレポートを閲覧

多摩市内 – 河川などの水辺の生き物調査の記録

 hyoupage

gasagasa kannsatu

 

東京農工大学非常勤講師 西田一也
多摩市民環境会議
多摩市水辺の楽校
大栗川を楽しむ会
多摩市 環境部

コメントは停止中です。

カテゴリー

TOPへ戻る