大栗川水辺まつり2014 開催の報告

2014年7月27日 / 活動報告

placard-report大栗川水辺まつり2014を実施しました

 

 

多摩市内を流れる大栗川の清掃活動や水辺の生き物観察を行っているボランティアグループ、 『よみがえれ大栗川を楽しむ会』、『多摩市水辺の楽校』、『多摩市民環境会議』、『応募者のお父さん/お母さん』、等と多摩市環境政策課との官民協調活動により開催される夏のイベント、第12回『大栗川水辺まつり2014』を今年も7月21日(海の日)に多摩市立東寺方小学校前の大栗川河川河畔で実施しました。

『定員30名先着順小学校3年生以下は保護者同伴』の応募条件にもかかわらず募集開始直後に定員に達してしまい、多くの応募者にお断りをしなければならず、申し訳ないと多摩市環境部浦野部長のお話がありました。

『よみがえれ大栗川を楽しむ会』の相田会長の大会宣言に引き続いて、
『多摩市民環境会議』清水会長の安全な水遊びの注意事項の説明後、川に移動。

イベントは午前の子供たち/保護者の乗る筏タイムレースと午後の川遊び/ガサガサ(生き物調べ)の二部構成で行い、筏の製作から子供たちの安全確保まですべてをボランティアのメンバーにより行っています。

当日、午前中は曇天、午後は晴れ、猛暑の中、朝からカンカン照りより幾分まし、と言った天候でした。

Okurigawa20141 Okurigawa20142

Okurigawa20143 Okurigawa20144

主催: よみがえれ、大栗川を楽しむ会
協力: 多摩市水辺の楽校
協力: 多摩市民環境会議
協力: 保護者の皆さん
協力: 多摩市 環境政策課

タグ:

コメントは停止中です。

カテゴリー

TOPへ戻る