2014多摩川源流体験サマーキャンプ活動報告

2014年8月18日 / 活動報告

placard-report2014多摩川源流体験サマーキャンプを実施しました


 

子供達が多摩川の源流を学び、自然の楽しさを体験するキャンプを例年、多摩市水辺の楽校が主催し、実施しています。
今年は8月1日から3日間、たま広報に応募した多摩市内の小学生19名と多摩市民環境会議のメンバー他が参加しました。
現地NPO法人多摩源流こすげのインストラクターの皆様を含めると引率者が10名を超えるボランティアにも人気のキャンプになりました。

多摩市内の集合場所から電車で奥多摩駅。マイクロバスでキャンプのベースとなる、小菅村の寺子屋自然塾へ。
最終日はマイクロバスで上野原駅、電車で多摩市内へ戻り、迎えの保護者と共に解散式を行いました。

1日目はNPO法人多摩源流こすげの渓流遊び。インストラクターの指導で全員がライフジャケットとヘルメットを着用し万全の装備で渓流のぼりを楽しみました。
学んだこと:
 川に入る前に柔軟体操。川を安全にゆっくり上る。 岩の形や植物、森のようすを観察する。川の中に入り水の中を観察。衣服の洗濯物干し。教室で源流の自然について源流研究所 鈴木先生の話しを聞く。食事の後片付け。

サムネイルをクリックすると別ページに写真を表示します。


2日目は多摩川の源流として人気のある笠取山ハイキング。登山口の『作場平』を出発し笠取り小屋で、お弁当、『ヤブ沢分岐』を経て、多摩川の最初の一滴の水場『水干(みずひ)』を歩き下山。約四時間の行程
学んだこと:
 山道の歩き方。 登山のマナー/あいさつ。 山に降った雨水が荒川、多摩川、富士川の3つの川に分かれて流れる地点『小さな分水嶺』の見学。 『水干(みずひ)』の見学。

下山後、バーベキュの準備/手伝い。 スイカ割り。
サムネイルをクリックすると別ページに写真を表示します。


3日目 ニジマスづかみ取り
学んだこと:
 ニジマスつかみ取り。 魚のさばき方。 串打ち。 串焼き。 お世話になった寺子屋自然塾の皆さんにお礼のあいさつ。

サムネイルをクリックすると別ページに写真を表示します。

主催 多摩市水辺の楽校
後援 多摩市教育委員会
協力 多摩市民環境会議
協力 NPO法人多摩源流こすげ

タグ:

コメントは停止中です。

カテゴリー

TOPへ戻る