一ノ宮用水路 第4回目の生き物調査

2014年11月27日 / 活動報告

placard-report一ノ宮用水路 第4回目の生き物調査を実施

 

 

一ノ宮用水の真明寺北付近は平成26年1月~3月の期間に護岸工事を行いました。工事は水生生物が生息しやすい環境に配慮した工夫が盛り込まれました。今回で4回目となる工事後の生き物調査は、工事前の調査から、ちょうど一年を経過した同時期であり改修工事によって、生息状況がどのように変わったのか、あるいは以前の状態に回復できているかを調べる重要なタイミングとなりました。

過去2回の調査で、すでに多くの種類と固体数が確認されており、生息状況は順調に戻りつつあると報告されていますが、今回は生息する魚類などが、橋下に造成した深みを良好な生息場所としつつあるかどうかの観察を主眼としました。

指導いただいている東京農工大学非常勤講師・ 農学博士 西田先生から『晩秋から初冬のこの時期では周りの区間で生き物が減少しているのに対して,橋の下では特にギンブナが増加しており,また大型の個体が採れている点から橋下の深みの効果を窺うことができました。』とコメントをいただきました。

また、先生の報告は『多摩市水辺の生き物調査の記録(西田レポート 2014年11月現在)』ページで、ご覧頂けます。

 

3rd_itinomiya_2 3rd_itinomiya_5

橋の下に造成した深みがあります。小学生で参加してくれたたくま君、背景はすっかり刈り取られた田。9月27日の調査では、刈り取り前の稲穂が残っていた。

3rd_itinomiya_4 3rd_itinomiya_6

3rd_itinomiya

調査終了で記念撮影、晩秋の夕暮れ時。

 

多摩市農業応援団AGRIAGRI
多摩市児童館
パルテノン多摩学芸員
よみがえれ・大栗川を楽しむ会
多摩市水辺の楽校
多摩市民環境会議
多摩市環境部

コメントは停止中です。

カテゴリー

TOPへ戻る