平成25年度の活動実績と平成26年度の活動計画

当会議では、平成25年度から平成26年度にかけ、以下の活動を行っています。
また、①活動の輪を広げること、②地球規模で考え、地域での活動を行うこと、を活動の基本方針としています。
 

 
【凡例】
活動名称の記号について
●主体事業:当会議が主体となって行う活動
◆共催・支援事業:他団体等への協力・支援を行う活動
▼受託事業:業務委託による活動
多摩市民環境会議 活動実績と今年度の活動計画
活動名称 活動の趣旨 活動の場所
環境会議全体で進める活動 広報活動(機関紙の発行) 機関紙「エコたまグリーンNEWS」及び当ホームページを通じて、当会議および市内関連団体の活動広報と新規会員募集を行います。 東永山複合施設他
●総合的な学習への市民支援 小・中学校の総合学習への市民参加、調整を行い、環境学習の手法を検討します。 市内各小・中学校
●環境マップ作成(桜マップ) 多摩市環境マップとして、まずは各所で見られる桜を対象とし、「桜マップ」を作成します。 東永山複合施設他
◆多摩市環境行事実行委員会活動 多摩市みどりと環境課が主催する春の環境行事、秋の環境行事を支援します。 大栗川合流点
聖蹟桜ヶ丘公園
◆エコ・フェスタ 市内の関係各団体等と協働しながら、環境フェスティバルの実施を検討し、共催します。 パルテノン多摩
身のまわりの環境地図作品展 多摩市における良好な環境づくりを目的とする事業を進んで受託し、行政・市民双方の力を合わせ、多くの市民を巻き込む展開を図ります。 パルテノン多摩
みずとみどりの部会で進める活動 ●瓜生小こどもイケイケキッズ 環境教育の支援として、ホタルの観察やサマーキャンプなどの活動を行います。 瓜生小学校校庭
●乞田川の恵み 市街地の中に位置する乞田川の生き物観察を通じ、市民自らが水辺環境を再確認し、グリーンベルトとして維持発展させることを提案します。 乞田川・多摩市内
◆よみがえれ!大栗川を楽しむ会(支援事業) 河川敷の清掃活動、生き物観察、水辺まつりなど、年間を通じて大栗川と親しむ活動を行います。 大栗川周辺
◆たまリバーコミュニティ 一ノ宮公園の清掃、花壇づくりなど多摩川に親しむ活動を行います。 多摩川周辺
◆桜守・たまプロジェクト 「桜マップ」の普及および、桜のガイドを行います。 多摩市内
◆連光寺ホタル連絡会 連光寺の谷戸に生息するホタルの生物調査、観察、保全活動を行います。 連光寺地区
◆多摩市水辺の楽校活動 多摩市水辺の楽校における活動(環境学習・自然体験活動)を支援します。 大栗川・乞田川・多摩川
資源化部会で進める活動 ●街(道路)の美化モデル地区での実証活動 定期的に道路の清掃を行い、ゴミの傾向分析や汚染の原因調査を行います。 永山駅前通り他
●「多摩市ゼロウェスト宣言」の研究立案 廃棄物縮減による環境負荷軽減を目指す活動を行います。 多摩市内
●“生ごみ自家処理サポーター制度”の充実・支援活動及び生ごみ自家処理の普及活動 生ごみの自家処理の普及により、焼却場への負担軽減を目指すとともに、有機物のリサイクル推進を行います。 多摩市内の各家庭
●森林総研の堆肥所の実験の継続 独立行政法人森林総合研究所の協力の元、家庭から出る生ごみなど有機物の有効活用実験を進めます。 森林総研
●剪定枝・落ち葉を資源化する提案の立案・実践 現在焼却ごみとして処理している剪定枝・落ち葉を資源化し、ごみ減量につなげる方策を検討・実践します。 多摩市内
●小学校の環境教育でのごみ問題のカリキュラムづくり ごみ問題にかかる地域の先生の活用と学校での環境学習を支援します。 市内各小・中学校
●雑紙の資源化を促進するための計画と実践 資源の有効活用のため、雑紙のリサイクルを推進します。 多摩市内

<当サイトの情報およびデータの無断流用は固く禁止します>
Copyright c 2011 多摩市民環境会議 All rights reserved.


カテゴリー

TOPへ戻る